上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本高校野球連盟が行っているスポーツ特待制度の実態調査で、選抜大会で準優勝した大垣日大(岐阜)が奨学金を支給していたことを27日、岐阜県高野連に報告した。部員35人が利用している。日本高野連は同日、新たに11校から憲章違反の申告を受けたと発表。この日までに日本高野連への申告は17校になった。なぜいけないのかいまだにわからない。高野連はちゃんと説明すべきだ。
参考記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000225-jij-spo
スポンサーサイト

コメント

学業第一なんでしょうね!

初投稿です!
高野連の考えとしては、「高校生は、学業第一」
という考えだから、特待制度を認めたくないんで
しょうね。野球は二の次、ということでしょう。

それにしても、これだけ強豪校の自体が相次ぐと
春季大会はどうなってしまうんだろう、という気
がしてなりませんね。あまり名前を聞かない高校
が優勝してしまうんではないか?と。
昨夏の選手権は、ハンカチ王子vsマー君という
ライバル対決の決勝戦になって、最後までワイド
ショーまでもを巻き込んで盛り上がったけど、こ
んな状況だとどうなっちゃうのかな?
まあ、夏の予選の時期に問題が発覚するとまずい
から、今の時期に春季大会だけ辞退して、禊を済
ませてしまおう、という考えなんですかね?


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。